挨 拶

宗家写真

魚本流は青少年少女健全育成活動をテーマに 1979年4月1日に創始して以来、今年で41周年を迎えました。この間に、少年少女を取り巻く社会の情勢は様変わりしてきました。 ” 個人”の考えが優先され、情報が溢れ、なんでもお金さえあれば手に入る世の中に移り変わってきています。 一方で日本古来の伝統的な”家族”または”集団”の考え方や日本の ”道徳心”が失われつつあります。最近の少年犯罪の激増は、これら社会情勢の変化に大きな一因があると考えられます。
 魚本流では、空手拳法の指導を通じて、古来武道の伝統的な礼儀作法を身に付けてもらい、健康な体作りを目指しています。 又、親子でキャッチボールをする感覚で、家族みんなで団欒のひとときを過ごせる”ファミリー空手拳法”でありたい。そのような願いで魚本流の普及に努めて、魚本流の活動は大阪・堺を中心に徐々に社会に浸透し理解されてきました。

創始者・宗家・代表理事 範士  十段  魚本 赤龍 堺フルコンタクト空手道連盟 名誉会長 魚本流青色防犯パトロール隊 代表
武道唐手術研究会 四代目会長

 
武道歴はこちら


会長写真

私の父である魚本赤龍 宗家が「公園で親子がキャッチボールするような、そんな空手を・・・」と、始められ、たくさんの方々に支えられ、魚本流は今年で41周年を迎えました。
 宗家独りで立ち上げた魚本流は、41年かけて着実に前へ進み続けて現在、約40支部まで発展しました。それは、宗家が「初心忘るべからず」「継続は力なり」の言葉を忘れずにこなしてきた賜と自負しております。
 宗家は、大会でチャンピオンになっているわけではありません。しかし、少年部で火を付け一般女子部と共に世間に名を轟かし、一般男子の部でも注目される選手を育て、現在に至るのは決して夢をあきらめないことが魚本流(ここ)にあるからだと思います。「夢をあきらめないこと、努力すれば必ず夢は叶うんだということ」を教訓に、私は会長職を頂いています。これまでの宗家の努力を無駄にせず、我々若手が一丸となって、武道を通じて青少年少女健全育成活動をすると共に、魚本流青色防犯パトロール隊では地域のために邁進していきたいと思います。

宗家代行兼会長
範士  八段  魚本 剛志
公益社団法人 全日本フルコンタクト空手道連盟 理事
堺フルコンタクト空手道連盟 会長
魚本流青色防犯パトロール隊 副代表兼隊長

 
武道歴はこちら


三代目写真

平素は魚本流にご理解、ご協力を頂き誠に有難うございます。
 私は子供の頃、空手に行くのが嫌でした。毎日、空手の錬習に行ってたので、友達と遊ぶ事もあまり無く、遊びに行っても空手があるので、早く帰ることが殆どでした。しかし、高校生になり、自身の錬習もしながら、支部道場へ行き、子供達に教える機会が増えてからは、楽しくなりました。
 教える為には指導の勉強が必要だと感じ、宗家、会長を始め、多くの先生の良い部分を覚え、吸収していき、毎日、試行錯誤を繰り返していくうちに、空手が好きになりました。子供の頃は嫌でも、大人になると続けて良かったと思えることが他にもあります。
 これから入門をお考えの皆様にも、学校や職場で辛い時は必ずあると思いますが、諦めたり、辞めたりするのは簡単です。でも、これから空手を始めることで、様々な分野で、頑張って続けて行く忍耐力を養って頂けたら幸いです。現在、入門している皆様も、続けていくことで、きっと良いことがありますので、諦めずに共に頑張りましょう。

魚本流 三代目
錬士  四段  魚本 竜久人
堺フルコンタクト空手道連盟 理事
魚本流青色防犯パトロール隊 隊長代行

 


ご紹介

岡下特別参与写真

 

岡下特別参与写真